ケミカルピーリングはフルーツ酸などの酸性の薬剤を肌に塗ることで肌表面の角質をはがれやすくするというもので、さまざまな肌トラブルに効果があるとして美容皮膚科ではよく行われている治療方法です。
角質がはがれるとそれだけで肌のくすみが抜けて肌色がワントーンあがりますし、肌は新しい角質を作ろうと新陳代謝を高めるため、ターンオーバーと言われる肌の生まれ変わりのサイクルが活性化し、さまざまな効果が生まれます。

シミの改善もその一つです。シミというのは、本来ターンオーバーに従って肌表面に押し上げられ排出されるべきメラニンが、ターンオーバーが滞ったために排出されずに残って沈着してしまったものです。

したがってターンオーバーが促進されれば沈着したメラニンも徐々に肌表面へと押し上げられ、やがては垢としてはがれ落ちるというわけです。
レーザーのようなシミに即効性のある治療方法と比べると少々回りくどいと感じるかもしれませんが、ターンオーバーが促進されるということは肌そのものの若々しさにもつながりますし、またケミカルピーリングにはコラーゲンの産生を促す効果もあるので総合的に美肌効果の高い治療法と言えます。

ニキビ跡や小ジワのある人は同時に改善することが可能です。

ケミカルピーリングは2~4週間間隔で5~6回受けることで効果が現れてきます。


施術後は肌が薄くなっているため、いつも以上に紫外線からしっかりガードし、保湿も心がける必要があります。

http://matome.naver.jp/odai/2136149795743809201
http://www18.ocn.ne.jp/~fjk/
http://www.yokohamah.rofuku.go.jp/medical/specialty/reconstructive/

鼻のアクアミドの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

信頼性の高い自己破産の女性のお役立ち情報はこちらのサイトです。

千葉のショートコースが今、話題になっています。

心斎橋の全身脱毛について考えます。

刺青除去の情報をお届けします。

Copyright (C) 2015 肌が生まれ変わるケミカルピーリングでシミ治療 All Rights Reserved.